埼玉県柔道連盟 - 埼玉県の柔道人口の拡大を目指して活動しています

 

昭和祭併埼玉県下武道大会奉納演武奉告祭              令和4年4月29日(金)秩父神社にて

形とは

あらかじめ順序と方法が決まっている柔道の練習方法の1つのこと。ペア(2人1組)で、攻撃・防御の理合を習得するために行われ、1人を「取(とり)」、もう1人を「受(うけ)」という。(全日本柔道連盟HP)

今回演武で披露した「柔の形」は以下の15本からなる。

[第一教] 

突出(つきだし)肩押(かたおし)両手取(りょうてどり)肩廻(かたまわし)腮押(あごおし)
[第二教]

切下(きりおろし)両肩押(りょうかたおし)斜打(ななめうち)片手取(かたてどり)

片手挙(かたてあげ)
[第三教]

帯取(おびとり)胸押(むねおし)突上(つきあげ)打下(うちおろし)両眼突(りょうがんづき)

 

令和4年度第68回秩父市民柔道大会

9月4日(日) 文化体育センターにおいて第68回秩父市民柔道大会が開催されます。            つきましては、参加団体については大会要項をよく読み、メールにて事務局にお申し込み下さい。    なお、中学校については、横瀬中学校 岡田先生に直接お申し込み下さい。              申込用紙の代表者については、中学校高校については「校長」とし、押印の後データとは別に当日  「原本」を受付に御提出下さい

R4年度第68回秩父市民柔道大会要項 R4年度第68回 秩父市民柔道大会 申込用紙 

R4年度第68回秩父市民柔道大会参加同意書 R4年度第68回秩父市民柔道検温表

審議部 昇級審査会情報

大会企画運営

             R02 秩父郡市柔道連盟参加承諾書 

中体連・高体連情報

chichibugunshi kakushutaikai_haken.doc (中体連・高体連 各種大会派遣文書)